français 日本語       Tokyo guide - art, culture & things to do

“The Habsburg Dynasty” exhibition – Tokyo

0

page 1 (1/2) “About”  2 next page

  • 150 Years Friendship Austria-Japan
    The Habsburg Dynasty :
    600 Years of Imperial Collections

    19 October 2019 – 26 January 2020
    The National Museum of Western Art

     
    The Hapsburgs reigned in Europe over vast territories for centuries since the medieval period. The prestigious family with their ancestral base in Austria is also known for building one of the world’s finest art collections, utilizing its great riches and extensive network.

    The present exhibition, celebrating 150 years of diplomatic ties between Austria and Japan, sheds light on the history of art collection of the Habsburgs and the glorious family.

    A total of some 100 pieces now displayed in Tokyo are mainly on loan from Vienna’s Art History Museum, covering precious paintings, prints, crafts, tapestry and arms.


    Highlights of the Hapsburg exhibition

    ◆ Holy Roman Emperor Maximilian I

    Maximilian I (1459-1519) played an important role in the development of the Habsburgs and laid the foundation for the family’s art collection

    ハプスブルク展 国立西洋美術館

    ベルンハルト・シュトリーゲルとその工房、あるいは工房作
    《ローマ王としてのマクシミリアン1世》
    1507/08年頃
    油彩/板
    ウィーン美術史美術館
    Kunsthistorisches Museum Wien

    ハプスブルク展 国立西洋美術館

    《角杯(グリフィンの鉤爪)》
    北ドイツ?
    15世紀前半
    角、鍍金された銀
    ウィーン美術史美術館
    Kunsthistorisches Museum Wien

     

    ◆ Holy Roman Emperor Rudolf II (1552-1612)

    ハプスブルク展 国立西洋美術館

    ヨーゼフ・ハインツ(父)
    《神聖ローマ皇帝ルドルフ2世の肖像》
    1592年頃
    油彩/銅板
    ウィーン美術史美術館
    Kunsthistorisches Museum Wien

     

    ◆ The golden age of the Habsburg family collection

    ハプスブルク展 国立西洋美術館

    ディエゴ・ベラスケス
    《青いドレスの王女マルガリータ・テレサ》
    1659年
    油彩/カンヴァス
    ウィーン美術史美術館
    Kunsthistorisches Museum Wien

    ハプスブルク展 国立西洋美術館

    ディエゴ・ベラスケス
    《スペイン国王フェリペ4世の肖像》
    1631-32年
    油彩/カンヴァス
    ウィーン美術史美術館
    Kunsthistorisches Museum Wien

    ハプスブルク展 国立西洋美術館

    ディエゴ・ベラスケス
    《スペイン王妃イサベルの肖像》
    1631-32年
    油彩/カンヴァス
    ウィーン美術史美術館
    Kunsthistorisches Museum Wien

    ハプスブルク展 国立西洋美術館

    フランス・ライクス
    《オーストリア大公フェルディナント・カールの肖像》
    1648年頃
    油彩/カンヴァス
    ウィーン美術史美術館
    Kunsthistorisches Museum Wien

    ハプスブルク展 国立西洋美術館

    ヤン・ファン・デン・フーケ
    《甲冑をつけたオーストリア大公レオポルト・ヴィルヘルム》
    1642年頃
    油彩/カンヴァス
    ウィーン美術史美術館
    Kunsthistorisches Museum Wien

    ハプスブルク展 国立西洋美術館

    ヤン・ブリューゲル(父)
    《堕罪の場面のある楽園の風景》
    1612-13年頃
    油彩/板
    ブダペスト国立西洋美術館

     

    ◆ 18th century

    Maria Theresia (1717-1780) and her daughter Marie-Antoinette (1755-1793) are among the star attractions.

    ハプスブルク展 国立西洋美術館

    マルティン・ファン・メイテンス(子)
    《皇妃マリア・テレジアの肖像》
    1745-50年頃
    油彩/カンヴァス
    ウィーン美術史美術館
    Kunsthistorisches Museum Wien

    ハプスブルク展 国立西洋美術館

    マリー・ルイーズ・エリザベト・ヴィジェ=ルブラン
    《フランス王妃マリー・アントワネットの肖像》
    1778年
    油彩/カンヴァス
    ウィーン美術史美術館
    Kunsthistorisches Museum Wien

     

    ◆ The Austro-Hungarian Dual Monarchy and its end

    Franz Josef I (1830-1916), the “last emperor” of the Austro-Hungarian Dual Monarchy, was also a leading figure in the establishment of the Vienna Art History Museum in 1891.

    ハプスブルク展 国立西洋美術館

    ヨーゼフ・ホラチェク
    《薄い青のドレスの皇妃エリザベト》
    1858年
    油彩/カンヴァス
    ウィーン美術史美術館
    Kunsthistorisches Museum Wien

    ハプスブルク展 国立西洋美術館

    ヴィクトール・シュタウファー
    《オーストリア・ハンガリー二重帝国皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の肖像》
    1916年頃
    油彩/カンヴァス
    ウィーン美術史美術館
    Kunsthistorisches Museum Wien

    ハプスブルク展 国立西洋美術館

    クロード・ビズアール
    《フランツ・ヨーゼフ1世のフリントロック式ピストル》
    1857年
    鉄、鍍金、金象嵌、木材、イエローダイヤモンド、金糸と赤い絹糸の紐
    ウィーン美術史美術館
    Kunsthistorisches Museum Wien

* The above is the information known at the time of publication and subject to change without prior notice.

page 1 “About” / page 2 “Info”

1 2
Share.

Comments are closed.