français 日本語       Tokyo guide - art, culture & things to do

René Lalique exhibit Tokyo 2021

0

page 1 (1/2) “About”  2 next page

  • René Lalique Remix
    Seeking inspiration for the times

    26 June – 5 September 2021
    Tokyo Metropolitan Teien Art Museum

     

     

    An exhibition featuring custom jewelry and glass objects designed by René Lalique (1860-1945), French master of Art Nouveau and Art Deco styles, is on view at the Tokyo Metropolitan Teien Art Museum through 5 September.

     


    Highlights of the René Lalique Remix Exhibition

    The show represents a fascinating opportunity to rediscover Lalique’s masterpieces in an elegant Art Deco setting of the former residence of Prince Asaka. The mansion built in 1933 – adorned with Lalique’s glass reliefs and chandeliers – along with its lush green garden comprises the current Teien Museum.

     

    ルネ・ラリック リミックス 東京都庭園美術館

    Perfume Bottle Ferns 1912, Kitazawa Museum of Art photo: Tetsuo Shimizu
    香水瓶《シダ》1912年、北澤美術館蔵、撮影:清水哲郎

    ルネ・ラリック リミックス 東京都庭園美術館

    Perfume Bottle Ferns 1912 (en détail), Kitazawa Museum of Art photo: Tetsuo Shimizu
    香水瓶《シダ》(部分)1912年、北澤美術館蔵、撮影:清水哲郎

    ルネ・ラリック リミックス 東京都庭園美術館

    Night Light Two Peacocks 1920, Ohmura Art Museum
    常夜灯《二羽の孔雀》1920年、大村美術館(角館)蔵

    ルネ・ラリック リミックス 東京都庭園美術館

    Cire Perdue Vase Eucalyptus 1923, Kitazawa Museum of Art photo: Tetsuo Shimizu
    シール・ペルデュ花瓶《ユーカリ》1923年、北澤美術館蔵、撮影:清水哲郎

    ルネ・ラリック リミックス 東京都庭園美術館

    Vase Languedoc 1929, Galerie Orphée
    花瓶《ラングドック》1929年、ギャルリー オルフェ

     


    ◆ Custom jewelry of Lalique

    Among roughly 120 Lalique pieces gathered from public and private collections in the country are twenty pieces of custom jewelry created in the 1880s and 1900, along with two pieces of design drawings by the French master.

     

    ルネ・ラリック リミックス 東京都庭園美術館

    Butterfly Brooch Sylphide c.1900, Private Collection, Courtesy of Albion Art Jewellery Institute
    バタフライ・ブローチ《シルフィード》 1900年頃、個人蔵、協力:アルビオン アート・ジュエリー・インスティテュート

    ルネ・ラリック リミックス 東京都庭園美術館

    Pendant Winter Landscape c.1898, Courtesy of Albion Art Jewellery Institute
    ペンダント《冬景色》1898年頃、個人蔵、協力:アルビオン アート・ジュエリー・インスティテュート

    ルネ・ラリック リミックス 東京都庭園美術館

    Bracelet Veronica c.1900, Courtesy of Albion Art Jewellery Institute
    ブレスレット《ヴェロニカ》1900年頃、個人蔵、協力:アルビオン アート・ジュエリー・インスティテュート

     


    ◆ Lalique works seen in natural light

    In this show, most splendid pieces of Lalique can be seen in the natural light coming through the window panes, with a glimpse of the verdant garden.

    ルネ・ラリック リミックス 内覧会レポート|あみゅーぜん

    Installation view

    ルネ・ラリック リミックス 内覧会レポート|あみゅーぜん

    Installation view

    ルネ・ラリック リミックス 内覧会レポート|あみゅーぜん

    Installation view

    ルネ・ラリック リミックス 内覧会レポート|あみゅーぜん

    Installation view

    ルネ・ラリック リミックス 内覧会レポート|あみゅーぜん

    Installation view

    ルネ・ラリック リミックス 内覧会レポート|あみゅーぜん

    Installation view

    ルネ・ラリック リミックス 内覧会レポート|あみゅーぜん

    Installation view

    ルネ・ラリック リミックス 内覧会レポート|あみゅーぜん

    Installation view

    ルネ・ラリック リミックス 内覧会レポート|あみゅーぜん

    Installation view

     


    ◆ Lalique’s Art Deco and Art Nouveau splendours in a new light

    Continue your visit to the modern wing of the museum, which displays around 30 works by Lalique in a whole different setting designed by the Japanese architect Hideyuki Nakayama.

    The space looks like a picture-book house decorated with Lalique glass reliefs and objects, in a stark and fascinating contrast with the historical main building.

     

    ルネ・ラリック リミックス 東京都庭園美術館

    Decorative Panel Glassblower for the Door on the Peristyle at the “Cour des Metiers” 1925, Ohmura Art Museum
    「工芸の中庭」列柱廊・扉装飾パネル《ガラス職人》1925年、大村美術館(角館)蔵

    ルネ・ラリック リミックス 内覧会レポート|あみゅーぜん

    Installation view

    ルネ・ラリック リミックス 内覧会レポート|あみゅーぜん

    Installation view

    ルネ・ラリック リミックス 内覧会レポート|あみゅーぜん

    Installation view

    ルネ・ラリック リミックス 内覧会レポート|あみゅーぜん

    Installation view

* The above is the information known at the time of publication and subject to change without prior notice.

page 1 “About” / page 2 “Info”

1 2
Share.

Comments are closed.